2021年

4月

05日

IOCはスポーツエンタメの元締め

オリンピックは本来アマチュアスポーツの祭典だった。

 

それが共産主義国の国威発揚の為、オリンピックを利用し選手の発掘、生活支援、練習環境整備、専属コーチ等々の全ての支援でメダルを取れば褒賞を与えるようになりました。

これをアマチュアと言えるのかという声が出てきました。

 

これに対抗し資本主義国ではスポンサーがついて支援を行うようになってきました。

 

アマチュアとプロの境目が無くなって来ました。

多くの国ではメダルに対し高額な報奨金がでるようになってきました。

 

日本は最後までアマチュア精神をうたいプロ化が遅れました。

 

選手のプロ化に従いIOCはスポーツエンタメのプロダクションと化しています。

主な収入源は放映権料、スポンサー料等です。

従ってオリンピックが開催されれば無観客でもお金はIOCに入ります。

 

開催国、開催都市はさしづめ劇場主と言ったところか。

IOCに大きくてきれいな劇場を作らなければオリンピックを開催出来ないよと言われてオリンピック後の事をあんまり考えずに作ると後で大変なことになる。

劇場主の収入は観客の入り次第なので無観客や半数では大大赤字です。

IOCは助けてくれません。

 

スポーツエンタメのプロダクションと言えばサッカーのFIFAが有名ですがIOCはスポーツ全般の総合プロダクションです。

 

マイナーなスポーツでもオリンピックともなれば世界一を決める為の競技会を観客を入れて開催出来ます。

単独での世界大会を開くのは難しい種目もやれます。

これがオリンピックのいい所とも言えますが、開催年ごとに種目が増え規模が大きくなります。

これに対応できる国が少なくなってきています。

 

スポーツも時代と共に自然淘汰されるべきと思うがオリンピックが自然淘汰を妨げているとも言える面がある。

 

オリンピックも変換点に差し掛かっていると思われる。

0 コメント

2021年

3月

20日

コロナのリバウンド

新型コロナが第3波が過ぎようとして1都3県に出されていた緊急事態宣言が解除されました。

しかしリバウンドをして第4波が来るんではないかと言われています。

 

コロナのリバウンドはダイエットのリバウンドに似ています。

 

コロナの自粛要請はダイエットの食事制限と同じです。

そのうち我慢できずに食べてしまうか、目標の体重まで落ちたので油断して食べてしまうか、です。

これではリバウンドするのは当たり前です。

 

ダイエットには食事管理の他、運動が欠かせません。

運動して筋肉がつけば少々食事しても筋肉で消費されます。

美味しい物が食べたければ運動して消費するようにしなければなりません。

 

コロナ禍に於いて食事制限は自粛生活ですが、運動はアクリル板設置、ソーシャルディスタンス、換気、等です。

筋肉はアクリル板設置状態、換気設備の充実、空気清浄機の設置等です。

 

食事制限だけではリバウンドは必死です。

必ず来ます。

そしてリバウンドした後はダイエットする前より体重が増えているのが一般的です。

つまり第3波より第4波の方が大きいと言う事になります。

 

筋肉がついている状態になっている所と全くなっていない所とまちまちです。

国が自粛要請に応じた所にお金を配るのではなくて筋肉が付けられるように援助すべきです。

 

そしてワクチンはやせ薬です。

一度でいいのか飲み続ける必要があるのか分かりません。

 

コロナが世界から消滅すればいいのですが、そうでなければ筋肉を付けリバウンドしないようにするしかないと思う。

 

0 コメント

2021年

3月

03日

もり、かけ、桜餅、親子丼

以前、奧さんをコントロールできない人間に国を任せることができるのか?と言う話が出ていたが、今は子供をコントロールできない人間に国を任せることができるのか?と言う話になってきている。

 

これらの根本は自分の力で国をコントロールしたいという欲望から来ていると思う。それ以外の事には興味がないように見える。

その為に所属する派閥の為、所属する党の為に利益誘導している。

 

国民の為なんかと言う気持ちは二の次のように見える。

 

さて親子丼の次には何が出てくるのか楽しみです。

 

コロナワクチンプリンかな?

 

0 コメント

2021年

2月

11日

余人をもって代えがたし

余人をもって代えがたし と言う言葉を時々耳にしますが、徹釣はあまり当てにならない言葉だと思っています。

 

会社や組織に於いて自分のお蔭で会社が回っているんだ、とか自分がいないと何にも出来ないとか、思っている人間が意外と多い。

又、周りや部下を信用せず任せられないと言って何でも一人でやろうとする人間も多い。

集団競技、例えば野球に於いてこのチームは俺でもっているんだとか思っていて味方がエラーをするとイライラして乱れ打たれるピッチャーがいたり、打率やホームランがトッププクラスでも自分が打って塁に出ても後続が打てなくて点が入らない時、急に不機嫌になったりする選手がいる。

こういうチームは勝てても優勝は出来ない。

 

余人をもって代えがたし と言われる人間がいたとしてもそれだけでは会社や組織は回らない。

 

大体、余人をもって代えがたし と言われるような人が居なくなっても多くの人がその会社や組織の存続を望むならば代わりの人間は必ず出現する。

もっとも一時的に停滞や後退はあるとは思うが必ず盛り返す状態になる。代わりの人間は必ず現れる。それが世の中だと思う。

 

だから、余人をもって代えがたし は余り当てにならない言葉だと思う。

業績や成績、記録は更新されるのが常であり必定であると思われる。

又、そうではなくては世の進歩はあり得ない。

 

近頃聞く余人をもって代えがたしは不祥事や失言をあった人を庇う為に周りの人間が言っているに過ぎない。

これを言っている人間は恩を受けた人間か、既得権益者か、おこぼれを得ている人間であろうと思われる。

 

本来は惜しまれながら引退する人間に対し余人をもって代えがたしと言われるのが望ましい事である。

0 コメント

2021年

2月

07日

麒麟がくる

「麒麟がくる」が通常年の2か月遅れで本日最終回を迎えました。

2か月伸びたとは言っても濃姫役の女優の不祥事による交代による放送遅れや新型コロナの影響で途中かなり中断しました。

そのせいか本能寺の変に向かって話が急に進んだ気がします。

歴史好きの徹釣からすれば一番興味があった「何故光秀は主君の信長を討ち取ったのか」という点が急いで無理やり短く描かれた点が残念でなりません。

只、今までにない視点で描かれていた点が良かったと思います。

光秀が単に天下が欲しくて謀反を起こしたわけではないし、信長への恨みだけで謀反を起こしたわけではないと描かれていると思います。

 

新しい大河ドラマを作るとすれば、光秀、信長、秀吉、信長の4人を主役にして朝倉攻め、叡山焼き討ち、石山本願寺あたりから丁寧に描き、松永久秀、足利義明、荒木村重などが何故信長に反旗を翻したか?

信長の家老の佐久間が何故追い出されたのか?等良く丁寧に描かれたらもっとよく本能寺の変に至ったかが分かるような気がします。

 

徹釣の意見としては秀吉の京への帰還が早過ぎるのは不自然でなりません。連絡が行くのが早過ぎるのと帰還が早過ぎるからです。

 

秀吉が信長に対し告げ口などをして、光秀の性格を利用して、光秀が謀反を起こすように仕向けて置いて、もし謀反を起こした時の事を考えて早く連絡が来るようにするのと京へ早く帰れる方法を考えていたのではないかと考えています。

0 コメント

2021年

2月

01日

ウィズコロナ

ウィズコロナとは新型コロナウィルス感染対策と経済の両立を行う事です。

しかしながら、新型コロナウィルス対策の基本は3密を避ける事であり経済は人と物が動く事であり矛盾が発生する事案です。

経済はお金を右左に動かす事や投資する事ではありません。

基本は生産と消費です。

 

生産に関しては対策はリモートや時差、マスク、手洗い、消毒、等々色々と対策を取られているようです。

 

しかし、消費に対しては飲食店などへの時短要請や5人以上での会食自粛などしかやっていません。

時短要請に応じた店には1日6万円を支給するとの事ですが、ただお金が消費されるだけで何にも残りません。

 

お金の使い方が間違っていると思う。

 

飲食店独自で対策を立てているとは思うが自己資金での対策なので甘くなると思う。 

飲食店に置いてはアクリル板を3方向に人を囲うように天井近くまで設置し、排気ファンを設置し排気ダクトで店外に排出するようにするとか。

空気清浄機を多数設置するとか。

換気を熱交換型換気扇にして常時換気するとか。

人数制限するとか。

 

等々色々と対策をして午後11時頃まで営業 できるようにするべきだと思う。対策ができた所から営業許可となりますが。

その為の対策費を出してあげれば設備として後々も残り長期のコロナ対策が出来ると思う。

ただの時短要請対応補助金では後に何も残りません。

又、時短ではそれまでの時間内に飲食等をしようかとして密になると思う。

実際昼間とか早い時間での人出はあまり減っていないようである。

 

ウイズコロナと言うからには対策費にお金を使うべきです。

 

アベノマスクとか GO TO とか、兎に角お金の使い方が間違っていると思う。

対策が出来ているところにはお金を出さなくても人は出かけると思う。

 

対策が出来ているかどうか分からないところにも国がお金を出して行ってくださいと言うのは間違っている。

 

政治献金が見込めるところや、票が見込めるところにお金が出されているとしか思えないお金の使い方がされています。

 

とにかく政府のお金の使い方が間違っていると思うこの頃です。

 

0 コメント

2021年

1月

18日

ウォッシュレットの使い道

先日、出勤時にコンクリート階段を降りている時、足を滑らせ後ろ向きに転び階段の角にお尻を強打してしまい歩けなくなりました。

救急車を頼み整形外科専門病院に搬送され即入院となりました。

レントゲン、MRIでも骨折や異常は発見できませんでしたが兎に角歩くことは出来ません。

 

5日程ベッドから離れることが出来ず、便秘になってしまいました。

5日めの夜、下剤を飲みましたが6日めの朝、歩行器を使ってトイレに行きましたが出ません。

夕方にトライしましたが出ません。

時間がたったので諦めようかと思ったんですが、ウォッシュレットが付いていたのでこれを使って肛門を濡らし肛門を刺激すればもしかして出るんじゃないかと考えました。

実行しましたがそう簡単には行きません。

 

時間を置きながら数回実行したら排便する事が出来ました。

トイレに入ってから30分以上経っていました。

 

ウォッシュレットの使い道として排便後の洗浄の他に排便を促すためにも使え、便秘解消に効果がある事を発見しました。

 

その後は日ごとに快方に向かい11日目に退院しました。

正月早々散々な目に合いました。

コロナを気にして正月に神社にお参りに行かなかったせい?

 

ちなみに我が家にはウォッシュレットは有りませんし、必要としませんでした。

 

便秘気味の人は是非お試しください。

0 コメント

2021年

1月

03日

2021箱根駅伝

2021年1月2日、3日の箱根駅伝は面白かったです。

特に3日の10区は見ものでした。

往路優勝の創価大が復路の10区で駒沢大に3分以上の差を逆転され総合優勝をさらわれました。

駒沢大の皆さん、おめでとうございます。

 

優勝候補であった青山学院大学は主将の故障でベストメンバーで無かったにもかかわらず、往路12位から復路優勝し総合4位にまで上がりました。

 

終了後の監督インタビューで創価大の監督と青山学院大学の監督のインタビュー内容に大きな違いがありました。

 

創価大には御仏の心は感じられませんでした。

0 コメント