2021年7月1日(木)

鮎釣り解禁日と言う事で休みをもらってS川に鮎釣りに行ってきました。

朝方は霧雨が降り1日中曇り空でした。

その上、風が強く鮎釣りには最悪とも言える日でした。

 

鮎はと言うと遡上数が少なく小さく皮が柔らかく弱く、身切れが出ておとりにしても弱く近年になく不漁年の模様です。

やっと7匹の釣果です。オトリの養殖鮎より小さいです。

 

これには天候だけが原因ではなく、川が小砂利だらけで大きな石が少なくなっていることが原因の様に思えます。

それと淵が無く平瀬かチャラ瀬ばっかりになっていることも原因と思う。

 

これを解消するためには川に穴を掘って無理やりにでも瀬と淵が交互に現れる状態にした方がいいと思う。

 

川の直線化や護岸工事の結果なので今更蛇行化するのは現実的では無いのでせめて垂直方向での変化が必要と思われる。

2021年7月16日

休みをもらってS川に鮎釣りに行ったのですが、水も冷たく鮎も少ないけれどいるのはいるのですが縄張りを持った鮎がいなく追い気が全くなく釣れません。

どうしようもなく道南のU川まで走り何とか11匹を釣る事が出来ました。

たった2時間しか釣る事が出来ませんでした。

その何倍もただ車を走らせていました。

2021年7月22,23日(祭日)

2021年限定の海の日、スポーツの日の祭日にS川に鮎釣りに行ってきました。

その祭日前の3日ほどは連日快晴で良く釣れたそうです。

22日は曇り空で連日釣られており雨も降らないので鮎は移動せずめぼしい釣り場では釣れないようです。

あちこち川見をして歩いたのですが鮎は居ないようです。

居ても群れ鮎や、遊び鮎が多く、追気のある鮎は居ないようです。

そこで場所を大きく移動しあまり釣り人が入らなそうな場所に入りました。

そこは木の枝が川の中まで垂れ下がっていて釣りにくい所です。

釣りにくいですが辛抱して時間を掛け慎重に泳がせ4時間ほどで10匹釣り翌日のオトリは確保しました。

 

翌日は朝から霧雨が時々降り朝から連れそうにないので昨日の入川してオトリ鮎を置いておいた所に7時半ころ着いて9時まで待機しました。

9時釣り開始ですが昨日最初にやった場所で釣れるのはちび鮎だったので釣り返しは効かないと考え昨日は下流をやったので今日は上流を釣ることにしました。

辛抱しながら釣りをして10匹ほど釣り、2か所目に移動したのですが着いた途端3人組が川から上がって来たので聞いたら上流も下流もやったとのことなのでそこから移動した先で川岸の砂地に熊の足跡がありクマの糞もあったので早々に立ち去りました。

落ち着いて釣りが出来なかったのでゼロです。

 

最終地点は街中で朝から釣り人が居た場所で群れ鮎はいたけれど追気の鮎はいなさそうな場所です。

15時になっていたのですがそろそろ群れ鮎の中から追気の出た鮎がいるんではないかと踏んだ地点です。

朝からの釣り人はいなく近くにも釣り人は全く見えません。

通常釣り人が狙わないポイントです。

ここで2時間半で10匹釣れました。

その後もポイントをちょっと移動したのですがこれ以上は釣れそうも無いのでやめました。

 

結果2日間で30匹でした。MAX20cmです。小さいのも居ました。

 

人が釣りづらいと思う場所、人が狙わなそうな所、見逃しそうな浅場を離れて釣りました。

時間は掛かりますが確実に釣れました。連日の晴天で釣り切られ雨も降らないので鮎は移動せず全く釣り辛い状況です。

一雨欲しい所です。